獣医師・ドッグトレーナーの石井香絵先生

石井 香絵

【資格】

  • 獣医師
  • RPTM認定ドッグトレーナー
  • 社団法人 日本アロマ環境協会認定アロマテラピーインストラクター
  • ジアス認定ペットアロマセラピーアドバイザー
  • 米国クリスタルアカデミー認定ファシリテーター
  • 現代霊気ヒーリング協会公認マスター

 
【所属】

 
【専門分野】

犬猫の行動治療、犬猫のしつけとトレーニング、犬と猫のための代替療法

 
【プロフィール】

石井香絵(いしい・かえ)

1998年麻布大学獣医学部獣医学科卒業。卒業後動物病院で勤務。その後アメリカ、NY州コーネル大学獣医学部Animal Behavior Clinic に2年所属し、犬、猫、馬の行動学、しつけ、行動治療を学ぶ。

帰国後、コンパニオンアニマルの問題行動に関する治療を実施する。

行動心理学、陽性強化を取り入れたパピートレーニングを介して問題行動の予防に力をいれている。行動療法にホリスティック療法(ハーブ、バッチ・フラワーレメディ、クリスタルヒーリング、レイキヒーリング、アニマルコミュニケーション、アロマセラピー)を取り入れ動物たちの心のケアを重視している。

神戸ロイヤルグルーミング学院でしつけ、行動学の講師を務める。

 
【経歴】

  • 1998年
    麻布大学獣医学部獣医学科卒業、卒業後動物病院で勤務
  • 2001年
    アメリカ、NY州コーネル大学獣医学部Animal Behavior Clinic に所属。動物行動学者Katherine A Houpt師の下で、2年間犬・猫・馬の行動
    学、しつけ、行動治療を学ぶ
  • 2002年
    AVSAB(アメリカ獣医行動学会)にて「馬の額にある旋毛(つむじ)と気質、馬種と気質の関連性」の研究結果を発表
  • 2002年
    キャンザス州にあるWestwood Animal Hospitalにて行動治療を行う動物行動学者Wayne Hunthausen師の下で短期実習を受ける
  • 2003年
    帰国。行動心理学、陽性強化を取り入れたパピートレーニングを介して問題行動の予防と行動治療を提供する仕事を開始
  • 2003年~
    神戸ロイヤル学院にて講師を務め「犬と猫の行動学」の講義を行い始める
  • 2004年~
    月刊獣医師雑誌NJKにて執筆活動を開始(行動治療、しつけ、アロマセラピーに関する記事を執筆)
  • 2004年~
    公益社団法人日本愛玩動物協会の講師を務め「動物の行動と社会」、「動物のしつけ」の講義を担当
  • 2005年~
    行動治療、子犬のしつけに「アロマセラピー」を取り入れる
  • 2009年~
    行動治療、子犬のしつけに「クリスタルヒーリング」、「レイキヒーリング」を取り入れる
  • 2010年10月
    「愛犬をやさしく癒すクリスタルヒーリング」の本を出版
  • 2021年~
    わんちゃんとオーナーの暮らし向上のメディア「わんクォール」で執筆を担当

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事